消費者金融と時効

消費者金融と時効

消費者金融からお金を借りたら当然最後まで返済を行わなければいけません。なぜなら、当たり前のことですが、返済をすることが前提で消費者金融審査甘いからお金を借りているからです。しかし、何かしらの事情ができてしまい返済ができなくなって長期で滞納してしまったらどうすればよいのでしょうか?そこで知っておきたいことがひとつあります。それは「消費者金融の時効」です。実は、お金の貸し借りをした際に、返済を終えていなくても返済の期限から10年経ったときには返済の義務が消滅します。また、消費者金融から借りている場合はお金が商品として認識されているので、法律上では5年経過すると返済義務が消滅します。ただし、5年という期間は最後に返済した日から5年です。また、裁判所から催促状が届いたり、訴訟を起こされたりした場合は10年に延長する場合もあります。しかし、ただ待てば借金は消滅するということの他に、時効が中断される場合もあります。それは、請求や差し押さえなど借金に対して何かしらの行為をおこなった場合です。また、催促に対して少しでも返済をしたり、電話での対応で”払うことができない”などと借金のことを認めてしまった場合でも、その段階で時効は中断してしまいます。業者も時効のことを把握しているので、何とか時効にならないように働きかけきます。時効についての知識は知っておいてもよいことですが、時効を待つということは借金を踏み倒すということなのでおすすめはできません。借りたお金はきちんと返済できるように計画を立ててから借りるようにしましょう。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.