総量規制対象外の仕組みとは?

キャッシングは一時は法外な金利での貸し付けが問題となり貸金業法が改正されるという事態になりました。その改正貸金業法が完全施行されたのが2010年6月の事であり、貸金業法が改正された事によって総量規制が設けられる事となりました。
この総量規制というのは年収の三分の一を超える金額の融資を貸金業者が行ってはいけないという規制であり、返済能力以上に借り過ぎる事によって債務不履行に陥ってしまう事になりにくいように消費者を保護する役割があります。ただ、その一方で年収の三分の一を超える金額の融資を受けたいという人にとっては邪魔な規制ともなっています。
ただ、お金を借りる際には必ず総量規制が適用されるという訳では無く、総量規制で借りる事が出来ない人たちにとってはありがたい総量規制対象外の総量の規制ではないやつカードローンも中には存在しています。
どうして総量規制対象とならずに貸し出す事が出来るのか、そんな事をしても違法にならないのか、といった疑問も当然出てきますが、それにはきちんと理由があって違法な貸し付けを行っているという訳では無いです。その答えは銀行の場合は貸金業法では無く銀行法が適用され、そのために銀行のキャッシングの場合は総量規制対象外という事になるのです。そのために年収の三分の一を超えてお金を借りたいという場合は銀行のキャッシングに申込めば融資を受けられる可能性があるという事になります。例えば、専業主婦の場合は年収がゼロ円なので総量規制の対象となる消費者金融では借りる事が難しくなっているのですが、銀行では専業主婦を対象とした融資もきちんと用意されているのです。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.